fx*jf bkx*j w*r.

ブログ名は「はざまは このざま です」と読みます。

アウトドア・アウトドア・アウトドア・インドア・アウトドア!

 

こんにちは、ハザマです!

今回はGWにあったことについて書いてみようと思います!!

(といっても5/3~5/6の連休のことのみですが、自分にとっての連休はここくらいだったので…)

 

まずは連休全体について!

この4日間は帰省しており、自然の中で過ごしていました!

タイトル通り 外遊び8割、家遊び2割、といった感じです!(費やした時間)

 

5/3

例年より短めの連休、記念すべき(?)1日目

 

最初にまず何をしたのかというと… 犬の散歩です!!

活きのいい若い牡犬をぐいぐい引っ張りつつ、山の中の道を歩いておりました。

 

すると、道の上に桃色の何かがあるのです…!

私は「何かの**だろうか」と思いつつ、近づ∴て確かめてみると…

 

***の***で※∴! 

 

‘*;.:;%‘‘\^,j.ipk],:@][.,]]mm./\\\$''。

 

ま∵か∴∵でお目に@※るとは…!!

(このくだりは下劣な内容が含まれていたため、粛清されました。読みたい方は一番最後の「続きを読む」よりどうぞ!)

 

そうして散歩を終えたあとは、昼から夕方までバーベキュー三昧でした!

定番の肉はもちろん、アスパラガス茄子きゅうり白菜(漬物)などの野菜、個人的には定番の「焼マシュマロ」やなぜか出てきた手作りケーキなどのデザートも充実しており、大満足でした。

鳥の目の前で鶏肉食べたり、途中で抜けて再び犬の散歩に行ったりもしましたが、休日らしく楽しめました!

 

ちなみに、夜は3DSどうぶつの森をしていました!(申し訳程度のインドア要素)

 

5/4

連休2日目!

 

この日は朝からヨモギを採っていました!この時期のヨモギはまだ小さくて美味しそうでした…

ヨモギはたくさん生えており、草を全てとってしまうのも可哀想な気がしたので、下の方の大き目の葉を残して採取していました!

 

ボウル一杯分くらいのヨモギを採った後は、ミツバとコゴミを採りに行きました!ヨモギはどこにでも生えているので探すのには全く苦労しなかったのですが、ミツバとコゴミは探してもなかなか見つからず、わずかしか取れませんでした…

 

採ったヨモギは草餅に、コゴミは茹でて醤油とマヨネーズをかけ、ミツバは汁物(味噌汁?)に入れ…美味しく頂きました!(ミツバは苦手なので食べませんでしたが)

私は草餅づくりを少し手伝いました。あんこを餅で包む作業でした。

 

草餅は作り立てを食べたからなのか、柔らかくてかなり美味しかったです。市販の草餅より良いものでした…

コゴミは山菜独特のえぐい味は気にならず、醤油とマヨネーズとの相性はOK。さらに歯ごたえも私の好みでした…いくらでも食べられそうな一品です!

 

昼食の後は親戚と一緒に釣堀で釣りをしました。

しかし実は、今回の釣りを始めるまでは、釣りに自信がありませんでした!

川で釣りをしても一匹も釣れず、釣竿の糸をあらぬ方向へ飛ばしてしまうような人間だったのですが…

 

今回は親戚に竿の扱い方を教えてもらい、糸をある程度はコントロールできるようになりました。

そして…これは釣堀だからなのでしょうか、魚が狂ったようによく釣れるのです!

魚が多いところに釣り針を投げ込めば、すぐに魚が食いつきます。慣れれば10秒以内に魚が食いついてくるように…!

 

これは釣りをする中で気が付いたのですが、釣った魚を水の入ったバケツの中に入れると、狂ったようにバシャバシャ動き回ります!

魚の立場では、やっと水中に戻れたので当然の振る舞いなのでしょう。しかし私はその様子を可笑しく感じ、つい無邪気に笑ってしまうのでした。

 

魚を釣り上げたのが初めてだったため、魚を釣り針から外す作業も初めてでした!

釣り針を外すのに手間どった魚はバケツの中でも腹を上にしてグッタリしていて可哀想な様子でした…しかし最終的には釣った魚は皆残らず可哀想な目に合ってしまうのですが。

 

釣りをしていた途中で見知らぬ子供と高齢者の2人が私の釣った魚を見に来たのですが、バケツに入れた魚が狂ったように激しく動く様子を見て喜んでいました。この見た目のインパクトは万人共通なのでしょうか?

 

魚を釣った後は、釣った魚を揚げてもらい、揚げたての魚ゆず醤油をかけて食べました。舌に少し傷ができて痛くなりましたが、非常に美味しかったです!頭から尾ひれまでサクサクと頂けます…!舌の傷さえ無ければ、何匹でも食べていたい味でした…

 

この日も夜はおとなしくどうぶつの森をプレイしました!山の夜は危険かもしれないので

 

5/5

この日は正午の少し前からママチャリサイクリングしておりました!

海辺からまで、坂を上ったり下ったりしながら進んでいったのです!とはいえ、上りはきついので、自転車を押して上ったのですか…

 

途中で道路の上で堂々と授乳している狐の母親を見かけたり、遠くに行ったせいか途中で疲れてしまったりしましたが…

 

サイクリングしていた時間、実に二時間近く!(だった気がします)

その結果、すっかり腹ペコになりました。

夜にはネットで読んでいた小説を読み切りました。

 

5/6

帰るところへ帰る連休最終日。

この日は散歩しておりました。

すると、民家の中から犬の鳴き声がして…小型犬が飛び出し、こちらへ向かってきたのです!なんとかわいらしい…

 

家に帰った後はなぜか部屋の整理整頓をし、部屋が多少きれいになりました!

 

と、このようなよく動く日々を送っていました。内心少し辛いと思ってもいましたが、非常に充実していました!また、この日々(と4月下旬に始めた朝のウォーキング)のおかげで太もも裏の筋肉が付き、体が若干引き締まってきたような気がします。

 

連休を楽しく過ごしたせいか、記事の文までなんだか浮かれた感じになっておりましたが、ここまで読んでくださりありがとうございました!

 

これより先は粛清された内容です。

 

 活きのいい若い犬をぐいぐい引っ張りつつ、山の中の道を歩いておりました。

 

すると、道の上に桃色の何かがあるのです…!

私は「何かの死体だろうか」と思いつつ、近づいて確かめてみると…

 

桃色の袋に入った熟女物のエロ本でした! 

 

しかし、現実は実に奇妙なものでございます。

 

まさかここでお目にかかるとは…!!

運命よ、今この瞬間に立ち会わせてくれてありがとう。

 

などとと思う暇もなく、連れていた牡犬がその本のすぐ近くで用を足していました。大量に、ジョバジョバと…

 

「何てことしてくれるんだ!」とは口に出しませんでしたが、正直なところ驚きました。何かほかの生き物の匂いでもしたのでしょうか?

 

とりあえず今はそっとしておこう、明日の早朝まで残っていたらゆっくり眺めよう…

そう考えて、その場を後にしました。

 

…そして散歩の帰り道、先ほどの本は無くなっていました。

嗚呼、何故エロ本の命はこうも儚いのでしょう!2年ほど前に出会ったエロ本も儚いものでーこれは私にとって初めてのエロ本との出会いでしたー翌日には消えておりました。この儚さはエロ本であるが故なのでしょうか?

 

そのような思いを心の端で巡らせつつ、バーベキューやほかの犬の散歩を楽しんで過ごしていたところ…

 

もう見ることはないであろうと思った熟女物のエロ本と再会したのです!!

 

本の様子からして、誰かが手に取って持って行ったように見えました。犬の小便がかかったかもしれないものをよく持っていこうと考えたものだと感心しながら、安らぎを感じておりました。

 

そして、その日の夕方と翌日の朝、その儚い欠片を少し回収したのでした。