読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fx*jf bkx*j w*r.

ブログ名は「はざまは このざま です」と読みます。

二兎 7 8

うれいを うる

あめ え うれう このざま

 

 

 

 

 

こんば

           は!1

  9歳、生の

ハザマです。

 

このシリーズ?もその7まで   来ました!

その1を書いていたころは            おそらく、ここまで続くとは思っていなかった気がします。

長期間でやると  、書き たいことがぽつぽつ      と出てくるものだと感じました… 

 

 かつて私は、普   通の子供のように(?)「1日はとても長く、1年は気が遠くなるほど長いものであ  る」という認識でい  ました。しかし、大学生になってからは「1日の長さはこんな ものか、そこまで  長くないな」と感じるときもあり、何か   していた  ら思ったより時間が経っていた、という   ときもあります。    (た  だ単にや  ること   が多くなったというだけかもしれませんが…)

 今は、時間への認識がまだ大   人のそれと同じとは言えないものの、以前よりは大人に近  づきつ   つあるので、最   近はもう自分は子   供ではないと実感しつつあります。

(大人が    「1年はあっという間   に過ぎる」と言う  と  、「1年は長い。1年あれば「あっ」なんて1    0万回は   余裕で   言える   くらいの期間      である。」と思うく  らいには ギャ ップがあ りますが…) 

  

そして、もう一つおまけに。

 私はいつの頃からか「最良   のものを目指  すのではなく、2番目く らいでいい」「後で幸  せにな   るため   に、今は苦労 しておこう」と思い、(必要  以上に?)我慢した り苦労したりす  るようになりました。

(幼いこ  ろから「我慢が足り  ない」「我が儘だ」「他の人は  もっと 我慢している」とか言われ続けたのが原 因 かもしれません。当時は 自分なりに色々我慢してきたつもり  なのです  が、周りの  様子が見えてなか  ったためにそういわれたよう にも感じます)

 

 それで、大学受験の際にはあ   えて推薦受験をせずに(小論文・自己PRなんて自分には無理だと  感じていたのも  ありますが)一般受   験だけで勝負しようとしたり、複数のことからやること  を選ぶときには「これを乗り越えれば実力が付く」と苦手  なものや大  変なものを選んだりしました。

 しかし     、今はこのような考えもあるものの、「ではいつ幸    せになるのか」と思うよ   うにもなりました。

 高校のうちは「大学 生に   なったら幸せになる」と考えていましたが、いざ大学 生になってみると、人間  関係はすっきりしたものの、「進路をどうしようか、どんな仕事 をした  いのか」などと いう悩み も出てきました。このままでは   社会   人になってこの悩みを解決しても「将 来 の家  庭はどうしようか」と悩  み、老後は「どん   な風に死  んでゆこうか」と悩み…結局一  生悩み   続けるのではないかと 気づいた(?)ので  す。

 その答えは  まだ出て  いません…がいつか  必ず幸   せになりたいと思います。あれ、幸せってなんだっけ

 

ここまで見て  くだ さり、ありが とうございました!