読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fx*jf bkx*j w*r.

ブログ名は「はざまは このざま です」と読みます。

二兎10

おかし すきかい

おかし したいかい

 

 

 

 

こんにちは、ハザマです。

 

もうすぐ2     0歳になる、とい   うことで自分の   過去 や今   の自分が持っている思いを書     き連   ねたこのシリーズも今回で   そ   の1 0。

 

1   0まで      来たの  

 で、違うところで同じ      ようなこ  とを   言ったり    しているよ   うな気がして   ならない今日こ    の頃。

 

そ     の9  では、「  校   時 代から   ぼっ   ちの   ように   なった」と  いうことを書   きましたが、では高    校入      学より前はどうだ   った   のかを書き        ます…。

 

とりあえずワンクッション。

 

 

 

 

 

 

〇はじめに

 まず 、    私      は    何 を      するにして    も  負 け       る の    

が嫌いで、自    分が  

   負けて           相  手 が 喜 ぶ、 とい   うの   が特  に嫌  いでした  ( 今 も   嫌いです)。その   ことと嫌がら     せを   受けた   験で  、人 が 笑     う の  は見 

 るだけで  腹 が 立    ちま す(例外もあり)。DQ  N連中 だ   と尚更。

 また、   他の  人      なら全然   気にならない ような こと でも        気 に  障る(耐 えら       れ ない)ということがよく  あり  、  苛      立ちを     周りに   理 解 され ま    せん  でした。

 

〇     時   代

 「同   じ組(  生   まれ         た年    度 が同じ)の子供の   中で   一人だ  け早    生 まれ」「   他  の     子供達と   好きな  色が違う    」などの所為かハブられました(?)。さらに、同じ   組の子供だ  けでなく、一つ  下の      ク  ズ  からも嫌が      らせを受     けました。この   クズ、高   校では嫌わ   れていたようです。そのこ    とを知って安心しました。どう でも   いいですが、奴  の苗   字は何  度 か変わっ   ていました。

    には   昼食   後か ら午後3   時まで昼    寝  する、 とい   う謎   の時 間が  あったの   で す  が、 私は   昼 寝   の 必   要性  を  全  く   感 じ    ておらず   、皆 と 違っ て布 団 に入らず   に過ごしていたと    

きもあ    り  ました。こ の   ときにも「皆に      合 わ せ な さい」と    いう よ    う   な こと を  言わ れ    たよ  う  な  気がします。私が大   嫌い な  言       葉。

 また、この頃    は 何 故親が  怒 っ て体       罰   を与 え る         のか全く分    か ら ず、 嫌 な   思いを しました。 

 

〇小学       生時代

 近くに住んでいるが、保      育  所 や幼 稚 園    が  違 っ   て会わなか   っ  た 人たちと も  会う ように (小 学 校 で   よ く あ る集団 下     校 のた め )。 さ ら にバ ス通  

学    だ     ったので、新た     に出てきた  嫌 な 奴 と も一 緒 に 帰 らな       ければなり  

  ませんで  した。(  冬 で  なければ自転  車       を利 用 しま し     た が )     バス の 中      で足を引っ

かけ ら

れ、転      ん だ こともありました。嫌      な奴らから言葉       で の 嫌      が ら せ       も受けました。公    園 に行      っ たら 行っ  た で 見 ず 知 ら       ずの年上 の 奴    ( 恐 ら く     小 学 生)から か ら       

かわ れることもありまし     た 。 家 に      いた 場 合、嫌な    奴が         家にやっ      て く 

 る    こともありました。そのときの      私は     気  が弱か     った  から  か、うまく    断 る     こ と  

ができ    ませ   で         した。

 気が   弱    かった        のですが、反          撃   にでる     

こともありました。しかし   、加        害者が    先 生     に   「 何も      し   

ていない」と言い、私の        言い      分を全   く聞き  入れなかっ  たために理          不尽  な目   に遭っ      た

りし ま  した。とある教    師は 「皆に恐    れ ら れる存     在にな  って欲  しくな い」 と私  

に言いましたが、当時   は 本 当に気が      参るほど  苛    々させ             られておりゲ       ーム が唯一  の 救   いでした)、私は    苛 め      られ  たりか    らか  われた   りす るよりは恐  れ ら れた方が    ずっと  良 い、 と 感 じて い まし た。 

そ   の場が  良 け      れば人の      気持ちなど   お構い     なし か 、 ダ    メ 教       師が。

 

 小       学生    の 頃  は  一  時期      精神     安 定   

     剤を服用し   てい   た   と  きもありましたが、正     直その   効 果は      全く分かりません でした。

 ま        た     、    時代 に    引 き 続 き    「皆     に 合 わせ な さ     い」 「 我 慢   しな さい   」 とよ       く言われ     まし た が、例 え我 

   慢したところ   で     我 慢        した

ことすら気づ       か    れ     なかったり、「そ   ん な    の 我    慢     でき て 当 然 」 と   い  う よ う  な 扱 い     しか受け 

なかっ    の    で、我慢    す    るこ と   に関 して手を抜  い たときもありました。

 

  嫌な   こ    と ば か り    書   きま し たが、それだけ   だ っ たわ    け   で は あ り ま 

せんでした。行事ではほど   ほどに活    躍し、近所に住んでいてた  まに遊 ぶ 友   達 や       私の味 方 に な    って く  れる人も現     れました。しか し、今考 え て  み  ると彼らに 対 し て勝     手な態度  をとってい なかっただろうか、と  思  う    よ う      なこともあ

りま   し た 。申し 訳  な  い     …

 

 

 ま た、小     学生  時代 はよく 遊     ぶ機 会もあ  り ました が 、遊      び に は   

勝      敗 が   あ  るので 参 加 したくあり ませんでした。遊び   に  参加した     く な いことを伝  えると「わ が ままだ」とか言   われました    が、 我 慢して遊びに参     加 す

 る のでは本 末     転  倒です  。 な  ぜ遊 びに 参     加さ     せたがる     の か今でも理   解できません。

 

 

〇 中学 生    時 代

 この   頃  から話  す人 が 増え 、 違 う   小   

  学         校出          身の人     

 とも 話 すよ    うになりましたが、かつて仲が良か   った人とは親 密さ が薄ら いでいきました。クラ    ス単位で行 事を行う ので、同じク  ラ スの人      の大 

半と話せ  るようになりました。

 何の      接点もない   上級 生   から嫌が  らせを 受けることもありました。その上級 生を知って いる人に  よると 奴は私の  ことが好きらし かったようですが   平気で人をか   らかうような奴に は好意 を持つ資 格すら ないから   とっとと地   

   獄に帰  れ。それか     一生苦  しみ抜  いて苦  し   み抜いて 天  寿を全          う  しろ。

 あと同    じ学年でも嫌   な奴が   いました。発 言 に責   任   持たな   い・人   をよくからかう・   高 校に すら入  学しな  い(恐ら く) の三   拍子そ ろったク  ソ  ビ

 ッ         チ…

 で  も中    学時   代の出  来事を思い出   すときは何     故かさわ  やかな感  覚も同時   に蘇 

 ってき    ます。

 

〇全    体的  に

 私  は周りの人と物      事に対   するとら   え方   が違うが故に   周りから浮き 、問   題

 児 扱いされていたようでした   。年を取るご    とに少しずつ 理解  者は出てき  ました が、辛かった ときは 本      当に辛       か     っただ      ろうと   感じて   います。