読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fx*jf bkx*j w*r.

ブログ名は「はざまは このざま です」と読みます。

二兎29・30

なんだいは なんだい

なんだい ふねがいる

 

 

 

 

こ んにち  は、ハ  ザマです。

 

今回は最 近にな って少  し感じてき たことを書きます。

 

まず一つ 目。

私は幼 いころ(小学 6年生の頃 まで)は知ってい る人間や知らな  い人間から嫌がらせを  受けることもよ くあり、「自分  は理不  尽な 目に遭っている、あいつらが 憎い」と感じ  ていました。

高校生くらいのころ、自分の手相に神秘十 字線 (幸運あ るいは 霊  感を持っている人に 現れるら  しい相)を発見した時は 正直そ の結 果には納  得がいきませんでした。この頃まで  は「自 分は幸 運 な人間である」とは考 えたこともありませ  んでした。

今考え てみると  何となく「自分 には幸 運が付いて  いる」と思  うこともあります。

自分は運動神 経も 社  会性  も注 意力  も劣っ ており 、本来な   ら淘  汰されて然る べき人間だったか  もしれ  ません。いくら人  間  とはいえやは り動   物ですので、劣   ったものを 排除す るという本能で私に嫌  がらせを してき た、と も考えられます。

そんな私で も事 故に遭いそ  うになって も 無  事に助か ること  もあったり(誤って 赤信   号のときに横   断歩  道を渡 ろ うとした  ものの、車の 方 が止ま ってくれ  たことも ありまし  た)  、大き な事件  にも関わらず にこ こまで 来れ  たのはありがた  いことであ  るかも  しれ  ないと感じる  今 日   この 頃  です 。 

 

 

 

そ  して  二つ 目 。

私は19歳に なるま  でくらいは「子供   なん て 作りた  くない、子  供な  んて  邪  魔だ」と心  の        底 から 思って いた  のです が、な  ぜだ  か最     近では自   分に子  供がで    きて、子供を  可愛  が  って  いる様子  を空  想で思  い描くこと  がほんの  少しあっ  たりします。

何故   そうな  るの   かは 今は   あまり  考 え  た くあ  りま  せん。

 

ここ  まで見てく  ださり、  ありが  とうご   ざい    ました。