読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fx*jf bkx*j w*r.

ブログ名は「はざまは このざま です」と読みます。

LISA the painful 翻訳(Nern4)

今回もNernの話です!今回は佳境です。

画面下に出てくるメッセージは緑色で表記します!

※序盤のネタバレ注意です。また、今回のみこの世界の様子を描写する文章が少し入るのでその点についてもご注意ください。

 

 

 

 

 

 

Well hello again! Funny seeing you here! Well, are ya following me or something? Hoho!

やあ、また会ったのう!ここで会うとは奇遇だ!君は私の追っかけか何かかね?ホホッ!

 

Anyway... I wonder what all happened here. What was that big flash? Why are we here? Even our night and day cycle is odd... Sometimes days last ages, and nights come rarely. And these clouds... So strange... What's happened to our Earth?

とにかく…私は一体ここで何が起こったのか考えている。あの大きな光は何だったのか?なぜ私たちはここにいる?昼と夜の周期さえもおかしい…ときに昼は非常に長く続き、夜はほとんど来ない。そしてあの雲…実に奇妙だ…この地球に何が起きているのだ? 

 

... Oh well. Enough of that boring stuff. I once had a real kooky day at the doctor's office!

おや、いけない。退屈な話題はこれで終わりにしよう。 私は一度、診療所で実に奇妙な体験をしたことがあった!

 

I was in the waiting room reading a teen magazine. Normally I don't indulge in adolescent publications, but I couldn't resist!

私は待合室で10代向けの雑誌を読んでいた。普段なら青臭い読み物には夢中にならないのだが、あの時は耐えきれなかったのだ!

 

I had recently heard the new artist on the radio, Urysess Utensils! She's some young woman, maybe a boy, I don't know. Either way the child can really grasp my attention! So I'm reading this magazine because I saw Urysess on the cover. I still wasn't able to identify if it was a man or woman.

あの日の少し前にラジオで新しいアーティスト、ユリシーズ・ユテンシルのことを聞いていたのだ!彼女は恐らく若い女性、あるいは少年だ。どちらかは分からないが。どちらにせよその子には実に惹きつけられたのだ!だから私はその雑誌を読むことにしたのだ、表紙にユリシーズがいたからな。ちなみに今でもその人の性別が分からないのだ。 

 

But as I'm reading I notice something on the ceiling... I look up to see that there is some watere damage. You'd think a doctor would make enough money to maintain his office...

しかし読んでいる途中、私は天井にある何かに気が付いた…見上げると、ここは雨漏りがすると分かった。君は医者なら職場を維持管理するのに十分な収入があると思うだろうが…

 

I guess he cares about his cool jetskis more than his patient's comfort... And his asummably big house and hard-bodied wife... I wish my wife was like that...

私が思うに、彼は患者の快適さよりもかっこいいジェットスキーのほうが大切なのだろう…そして大きいであろう家にスタイルのいい奥さん…私の妻も彼女のようであってほしかった…

 

Big ol'... Melons...

大きく熟れた…オッパイ… 

 

Just then! A droplet of water falls from the ceiling! My eyes trail it all the way down  to the ground! I started at the floor for some time, watching the carpet absorb the water.

そのときだった!小さな水滴が天井から落ちてきたのだ!私の目は水滴が床へ落ちていくのを捉えた。私は何度かこの部屋を見渡し、カーペットが水を吸い取るのを見ていた。 

 

Suddenly my attention is caught by a small child. The child was glareing directly at me. I saw the devil looking right back at me beneath his eyes!

突然、私の関心は小さな子供にひきつけられた。その子供は私を直接睨み付けていたのだ。 私はその目の下に、悪魔がこちらを覗き返している様子を見たのだ!

 

I got nervous quickly started directly at my feet as to not aggravate the child. And that's when I noticed something... I was wearing two different kinds of socks!

私は動揺し、その子供を怒らせないように目線を私の足元に向けた。私が何かに気が付いたのはその時だった…なんと2種類の違った靴下をはいていたのだ!

 

Golly, I'm all revved up after these thrilling exchanges! To be fair you're a bit of a bore, but beggers can't be choosers! I think I'll stick around, I've got many a tale to tell!

ふう、この刺激的な会話で気分がすっかり盛り上がってしまったよ!君の方はというと少し退屈そうではあるが、選り好みはできないのだよ!私は君についていこうと思う。まだまだ話はたくさんあるぞ!

 

Nern Guan joined your party!

ナーン・グァンが仲間になった!

 

 

 

今回はここまでです!Nernの長い話もここまでです!

閲覧ありがとうございました!

実はこの記事、2つに分けようかどうか迷いました。