ハザマでシジマな停留所

ハザマシジマの思索場所。主な内容はゲームなどの趣味、および精神面についてです。

ハザマシジマ的・ネット活動記

こんにちは、ハザマシジマです。

今回は、今まで活動してきた内容を基に自己紹介を書いていきます。

性格診断を基にして「自分はどういう性質の人間か」という観点での自己紹介記事は去年書きましたが、活動してきたことのまとめ記事は今回が初めてとなります。

 

去年の性格診断に基づいた自己紹介はこちらから

エニアグラムによる自己診断 - fx*jf bkx*j w*r.

16類型による自己分析 - fx*jf bkx*j w*r.

 

 

 ではまず簡単な履歴を。

 

2010年4月 ハザマ名義でうごメモシアターうごくメモ帳DSi)での活動開始

2013年5月 うごメモシアター閉鎖に伴いうごメモでの活動終了

      はてなブログtwitterでの活動開始

      twitter開始に伴い名前をハザマシジマに変更

2013年8月 ワールドうごメモギャラリー開始に伴い、うごメモでの活動再開

2016年2月 LISA the Painful翻訳で英文和訳路線を獲得

2018年4月 ワールドうごメモギャラリー閉鎖に伴いうごメモでの活動終了

      twitterでの浮上増える

 

2019年1月現在、はてなブログtwitterにて文字や絵を描いたりしています。

 

 

 

では履歴で挙げた期間を5つに分け、それぞれについて書きます。

 

 

 

①2010.4~2013.5 うごメモシアターのみで活動

全体を通して、イラストや動画を描いていました。

2010.4~ 他の方のオリキャラ中心

2011.2~ MOTHERシリーズ中心

2011年3月、2012年3月、2013年3月のパイ増量キャンペーン、および2011年8月のパイキャン増量ペーンにも参加していました。

 

2010.4~2011.2

うごメモシアターでは個人がチャンネルを開設でき、そこで偶然個人運営の雑多チャンネルを発見し、そこに入って活動していました。そのチャンネルでは、投稿メモには必ずチャンネル開設者の方が目を通しコメントを下さるというチャンネルでした。

活動開始初期であまり注目されなかったころの私としては、その存在は非常に有難いものでした。

そのチャンネルではオリキャラの投稿が多くあり、私も便乗して他の方のオリキャラを描いていました。

後は、ポケモンのイラスト投稿少々、リレーメモもたまに、という具合でした。

※リレーメモ:他のユーザーが始めたリレーメモをダウンロードし、それに描き足して投稿、それを他のユーザーがダウンロードして更に続くという形式のメモ。

 

2011.2~2013.5

1月にMOTHERシリーズをプレイしてすっかりはまり、うごメモ上でもMOTHERシリーズのイラストや動画を投稿していました。

MOTHERシリーズを題材にしたイラストや動画のメモを多数投稿していました。

更に、はてなID取得によってうごメモシアターでのコメント投稿ができるようになったため、メモ投稿を通じて仲が良くなった方々と、メモのコメント欄でチャットをしていたこともありました。

 

パイ増量キャンペーン・パイキャン増量ペーン

企画紹介記事:パイ増量キャンペーンを紹介! - fx*jf bkx*j w*r.

こちらも、参加したメモには主催者の方が参加メモに全て目を通し、コメントを残してくださるシステムで、有難い機会でした。

パイキャンには、巨乳を描きたいという目的の他に、運営の削除基準を見定める目的で参入していた節もありました。

 

 

 

②2013.5~ ブログ・twitter開始

うごメモシアター終了に伴い、新天地の開拓へ。

まずはうごメモシアターで取得したIDがそのまま使えるはてなブログを始め、うごメモ上で交流していた方がいたtwitterも始めました。

twitterもブログも、ジャンルを決めずに雑多でやっていくことに。

 

また、この時に名前を「ハザマ」→「ハザマシジマ」と若干の変更を加えましたが、その理由は「単なるハザマでは他の方やゲームのキャラと被るから」です。

うごメモシアターはブログ・twitterと比べると世界が狭かったので、名前被りも確認できる範囲ではせいぜい2名程度だったのであまり気にしていませんでした。が、twitterを見渡して、名前被りの多さを実感。そこでこのタイミングでの名前変更となりました。

 

 

 

③2013.8~2018.3 うごメモ再開

ワールドうごメモギャラリー開始に伴って、3DSうごメモでの活動を再開しました。

ワールドうごメモギャラリーはコイン制度の導入により、うごメモシアターには無かった以下のようなことが起きました。

・コインが一定数つかなかったメモは投稿後30日で削除される

・メモの投稿、ダウンロードにもコインを消費するので、メモ投稿や企画参加が制限される

 

それに伴い、「コインを獲得してメモを残していくにはどうすればいいか」を考え、より確実に人の目に留まる策として

・サムネイルのインパクトを大きくする構図や色使い

・量よりも質をとったメモ制作

これらを心がけた活動をうごメモ上でしていました。

 

ワールドうごメモギャラリー上でも2014年3月から毎年2回、パイキャンに参加していました。うごメモ3DSによるパイキャン参加作品の一例はこちらです。

パイキャン増量ペーン2015に投稿した作品紹介!版権キャラ+α編 - fx*jf bkx*j w*r.

 

 

 

④2016.2~ 英文和訳路線獲得

2015年のハロウィン、LISAとの衝撃的出会いを果たした私は、「LISAをもっと知りたい」という思いを抱きました。

LISAとの出会い:直観が強く働いたと思しき体験:LISAとの出会い - fx*jf bkx*j w*r.

当時は英語でのゲームや作品を鑑賞した経験はおろか、翻訳物の作品を見た経験すら薄く、翻訳の定石とは全く無縁の人間でした。しかしそれでも、LISA the Painfulを翻訳し、ブログに投稿していました。

LISAはスラングも多いので、ネット上の英日辞典を頼りに、時にはスラング専門と思しき英英辞典も見つつ訳していました。

英文を読むことで英語の単語や表現を覚えていくこともでき、「文章の前後関係や状況を基にした文意の推理」「この内容を日本語の文章でどう表すか」を考える楽しみもありました。

 

 

 

⑤2018.4~ うごメモ終了、twitterでの呟き増える

この時点では、イラストを描く頻度はだいぶ落ちました。

その代わりに、その年の2月辺りから、twitterでの浮上が多くなりました。ネットでの情報収集および自分なりのアウトプットも増えました。

2018年前半は「MBTI、エニアグラムエゴグラム」「アダルトチルドレン、幼児的願望」をキーワードに、2018年後半からは「癒し」「スピリチュアル」「自愛」をキーワードに情報を仕入れています。

そのアウトプットや実践の場として、主にtwitterを利用しています。2018年時点では2000ツイート程だったのが、一年で4000ツイートに。この一年で、過去5年弱分のツイート回数になりました。それだけ以前より心を開けるようになったことの現れだと実感しています。

 

 

今回は以上です!閲覧ありがとうございました。