ハザマでシジマな瞑想所

ハザマシジマの思索場所。ゲーム等趣味、自己啓発、その他精神的な事柄がメインです。

ヘボット29話初見視聴 覚書

www.youtube.com

ヘボット29話視聴。濃厚なギャグに混じって、情報も沢山ある回だった。


29話について、初見なりの覚書
・チギルの髪セット。がっかりさせないためとのことだったが、誰の期待を背負っている?
・ネジキール卿とマンドライバーが揃う。二人ともネジルと同一人物とのこと
・未来世界?で締める派と緩める主義の争い。奥には、スゴスゴインダーネジを模したかのような、ねじとメーターの細長い赤いものが画面に映っていた。
・チギルが現在持っている黒いトキトキネジ。「時が来るまでネジルから預かっておく」とのこと。

・ネジキール卿は世界のねじれの根元をねじ切ろうとしているとのこと。

・マンドライバーがヘボットを失ったときのエピソード「喧嘩して家出したヘボットと、橋の上で再会したが、壊れていてネジタマが無くなっていた」「修理を試みたが元に戻らなかった」「その後、ヘボットの身体と合体してネ人造人間13号となった」なお回想上のネジルは赤い服
・ヘボット本編では16話の家出回に相当?

・ネジキール卿「メンテナンス地獄に黒いヘボットと共に赴いた。純正ヘボットに勝ったが、別のヘボットを連れ帰ってしまった」回想上のネジルは橙の服
・本編では27話の地獄巡りに相当?

・チギルペケットを見たときの2人の反応が違う?
・ネジキール卿「お前らいつぞやの…」マンドライバー「君たちだーれ?」

・確かネジキール卿は23話でチギルと会っていたはず。

・2人の兄にまつわるエピソード。これもそれぞれ違った。
・ネジキール卿「兄と再会したとき、牛肉のように頼もしいと悟った。失った相棒の代わりにソルジャーボットを作り、ねじれをねじ切るための旅に出た」
・マンドライバー「相棒を壊したのは嫉妬に狂った兄だった」
・推測:マンドライバーがチギルを知らないようだったので、マンドライバーの兄はチギルとは別人と思われる?

・スゴスゴインダーネジ、卿に「終わらせるもの」と呼ばれる。チギルには危険視される

・イーンダヨ砲で2人を飛ばす。

・その後チギルに、先程までのプレッシャーが減じたと言われる

・スゴスゴネジ?ヘボコンボ。ギャグ要素ほぼ無しで自ら笑うネタ。それでもうっとりするヘボット。FF内の方が「洗脳のよう」と仰っているのを読み、少し気になった。

・飛んだスゴスゴネジを追うユーコと夏男。

・ヴィクトリーマンとネジが付いた怪獣の戦闘。ユーコはリーマンズを「いつもの3人組(ボキャリーマンズ?)」、怪獣を「ネジ屋さん(ネジル?)」と認識。

・推測:怪獣には、赤い服のネジルが身に着けていた、肩と腰のねじと白サスペンダーの面影があるように見受けられる?

・目撃者が現れたことで、特異点の連鎖反応が出る?

・ユーコ視点では、姫がリーマンズを操ってネジルを虐めているように見える?

・姫の右目が紫に光る

ヴィータ姫はネ人造人間10号(ネジ屋さん)と、目撃者のユーコをデリートしにかかるが、ユーコはスゴスゴネジに守られる。曰く「見ちゃったことだけ忘れちゃう」

・オールディス(ネジ王)とマダム天王星の会話。「あれ(スゴスゴネジ?)はふんどしから力をコピーしちゃった」らしい

・オールディスとは別に真の名あり?

・カルテットの出番?次世代は育ちきっていない カルテットとは誰だ?

・フィーネ起動で次の周回はない

 

以前の話も振り返りつつ考えたこと

・ネジキールとマンドライバーがネジルとよく似た別人ではなく、同一人物で確定した。
・ということは、マッピラジャもネジルか?

・マッピラジャは15話にて、姫に処理されていた。処理後、トカゲの傍にマンドライバーに似た男性が倒れていた。これもネジルに似た別人ではなく、同一人物か?

・29話のヴィータ姫は、15話と同様に?ネ人造人間を処理していた。ネ人造人間を狙う理由があるのか?

・17話アバンで行った認識テストが、29話終盤で活きている?

30day LISA challenge 17日目

f:id:hazama-830:20200712012240j:plain

こんばんは、ハザマです。

今回はだいぶ久々に、30day LISA challenge記事。17日目の内容です。

30day LISA Challenge内容原文(英語)はこちらから

https://reptile-house.tumblr.com/post/147452925765/30-day-lisa-challenge

 

17.ブラッドとバディ、2人の内どちらか一方に味方するなら?

If you had to choose a side: Brad or Buddy?

 

ここより先の回答は、2016年の私が書いた文から引用します。

続きを読む

ドットで打たれた世界が、我が原風景:自己紹介をゲームで語る

サクッと読めるnote版:

MOTHER系ゲームと二次創作を主とした、我が骨組み|ハザマシジマ|note

ゲームは現実とはかけ離れた存在。そう思っていた時期が私にもありました。しかし私はドット絵の世界から、生きる希望や、前に進む勇気をもらって生き、人生を築いていました。

 
こんばんは、ハザマシジマです。本記事に於いて、初めてこの名前をご覧の方は、初めまして。そうでない方は、またお会いできて嬉しいです。

 

さて本記事では、ゲーム及びネットと共に人生を歩んだ、ネット住人ハザマシジマとしての自己紹介をしていきたいと思います。

 

  • 人生原初のゲームとの邂逅 ポケモン
    • 没頭できる対象で、生きる希望を見出した
  • 2010年4月 「ハザマ」としてうごメモはてなで創作開始
  • 2015年ハロウィン LISAプレイ、英語のゲームに初めて触れる
    • LISAをプレイするまでの軽い経緯
    • LISAファンとして動き出し、進展
  • 2019年1月 翻訳プレイ動画投稿開始
  • 終わりに:ゲームと生きるうちに、憧れをいつの間にか叶えていた

 

 

続きを読む

夏が迫るこの時期、冷や汁がアツい。

こんにちは、ハザマです。

 

「味噌汁が飲みたい…」「けれども、熱いものが飲んでいられない程暑い…」

この時期、そう考えることはありますか?私は時々あります。

 

そのときに作るのが、冷や汁

f:id:hazama-830:20200613141154p:plain

この料理が、私の中で密かなブームとなっています。

 

続きを読む

即興日記 ー料理と上達、馳せた思い

こんばんは、ハザマです。

 

今回は久々に、いかにも個人のブログらしく、日常にまつわる日記です。

 

今日自宅で料理している間と、その前後の光景。

続きを読む

映画「若おかみは小学生」感想(ネタバレ、悪態有)

こんばんは、ハザマです。

先日地上波に流れてきた「若おかみは小学生」を視聴しました。

 

物語の舞台は、とても美しい場所でした。

窓に張り付いた小さなヤモリの足の動きも、空に掲げられ列をなす鯉のぼりのはためきも。眼鏡の屈折も見どころでした。

小さなものから大きなものまで、魅力が引き出された画が展開されていました。

視聴中に、自然の映像を目にして草木の匂いを想起するほどに。

 

 

人と人とが織り成す温泉旅館での物語ということもあり、旅館でのきちんとした作法に時々背筋を正されるような気になりながらも、温かい雰囲気を物語全体に感じました。

 

ここまでの感想をお読みになって、気になった方は是非ご覧ください。

ここから先は、ネタバレ有の初見感想となります。

続きを読む

絵柄を変えてみた -自身の絵柄の自覚について

こんばんは、ハザマです。

今回は、いつもと違う絵を描いてみたことについてブログを書いていきます。

 

事の始まりは、3月末のtwitter上でのことでした。

「自分の絵柄の特徴を挙げてもらってそれを全部封印した絵を描く」というハッシュタグで、絵柄の特徴をフォロワーの方に募りました。

「自分の絵柄の特徴は、自分では分からない部分もある」と思いながら。

 

続きを読む