読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fx*jf bkx*j w*r.

ブログ名は「はざまは このざま です」と読みます。

LISA the painful 日本語訳(Nern2)

 前回に引き続き、Nernの話の翻訳です。今回はNern100%です!恐らく話はまだまだ続きます。

※序盤のネタバレ注意です。

 

 

 

 

 

I decide it was time for bed, I had had a little bit too much excitement for one day! Hoho! I slid into my jammies, brushed my teeth, and said my prayers.

そしてもう寝ようと決めたときのことだった。1日の間に経験するには少しばかり多すぎるくらいの刺激を受けたからのう!ホホッ!私はパジャマに着替え、歯を磨き、祈りの言葉を唱えた。 

 

As I was climbing into bed I noticed my wife, God rest her soul, brushed her hair in the bathroom. As I peered across the hall my body swelled up with emotion...

私がベッドに入ろうとしていたとき、妻…安らかに眠りたまえ…彼女がいたことに気が付いた。彼女は浴室で髪をとかしていた。そこの様子をじっと見るうちに、とある感情が私の体内で膨れ上がっていった…

 

"Why can't I be married to an attractive woman?" "Is is me?" "My bank account?"

「どうして私は魅力的な女性と結婚できないのだろう? 」「原因は私なのか?」「私の財産が足らんのか?」

 

I'm a tall guy, I workout forty minutes a week... Is that not enough? Now my neighbor at the time, Tom Forknight, was very short. His wife, Karen Forknight-Plateburgur.

私は背の高い男だ。それに、週に40分体を鍛えている…それでも足りないのか?一方で隣人、トム・フォークナイトはとても背が低かった。そして彼の妻、カレン・フォークナイト・プレートバーガーについてだが…

 

Yeah, one of THOSE women. Well, she was more attractive than my wife. I'd say she was a soft six, whereas my wife was a hard  four.What's the deal? I thought women liked tall men? Why was Karen with him?

ああ、私の手には届かない女性だった。無論、彼女は私の妻よりも魅力的だった。彼女がソフトの6だとすると、私の妻がハードの4といったところだ。この差は何だろうか?女性は背の高い男が好きだったのではなかったのか?なぜカレンはあいつと一緒になったんだ?

 

... Anyway my horse of wife, God rest her soul, crawled into bed next to me. She decided to leave the bedside light on so she could read her book. It was one of her romance novels again... Give me a break...

とにかく我が馬面の妻、安らかに眠りたまえ、彼女はベッドに潜り、私の隣にやってきた。彼女は本を読めるよう、ベッドサイドの明かりをつけたままにすることにした。その本はまたしても、ロマンチックな小説だったのだ…もうやめてくれ… 

 

As if I don't already feel inadequate enough... Not only do I have to compete with Tom, now I have to deal with these fictional hunks! Aye yai yai!

あの環境に不満を感じた要因は…トムとの競争ばかりではなく、あんな粗悪な肉の塊ともやっていかなければならないことでもあった!ああ嫌だ嫌だ!

 

At the point I had already surpressed the urges of intimacy, I rolled over and tried to sleep. Her bedside light was only of minor annoyance. I was able to drift off.

その時には、もう彼女とねんごろしたいという欲望も失せていた。私は寝返りを打ち、寝ようとした。彼女のベッドサイドの明かりはほんの些細な悩みの種へと成り果てた。こうして眠りに就けたのだ。

 

... Then I woke up to a big flash of light.

…そして私は強い光の眩しさで目を覚ました。

 

That's about it.

これがフラッシュについての話だ。

 

 

(話し終えた後に話しかけると)

Geez, you're kind of smothering me. I'll talk to you later.

全く、君は息つく暇を与えてくれない人だ。また後でお話ししてあげよう。

 

 

 

 今回はここまでです。閲覧ありがとうございました!