fx*jf bkx*j w*r.

ブログ名は「はざまは このざま です」と読みます。

夢を記録! その24

こんばんは、ハザマです。

今回は年末から1月中旬にかけて見た夢を紹介します。

 

かなり長くなるので、(続きを読む)からどうぞ!

 

 

12/26

 ルールも分からない状態で、旧友と柔道の試合をさせられた。旧友は痩せ形で軽かったので、滑る床を利用して転倒させることができたが、転んだだけなのでこちらの勝利にはならなかった。試合の後でクレヨンを整理していた。

 母親が私に年上の男性を紹介した。友達が少ない私への贈り物なのだろうかと思った。

f:id:hazama-830:20160213180955j:plain

12/28

 最近は夢をよく見ているはずなのですが内容が思い出せません。しかし、寝ているときに動き回っているのか布団をどけてしまうことが最近よくあります。

 

 

 

1/2(初夢!

  何かの試験で、Terryが合格基準に達していないのに合格と扱われていた。これに対しTerryは「また勉強したい」と言った。

 クノエシティやシオンタウンなど、ポケモンのいろいろな町から1人ずつ人が来ていた。それぞれ川柳が後ろにあった。

 夜、学校に泊まろうか家に泊まろうか迷っていた。学校に泊まろうと思ったが、家に泊まろうと気が変わり、学校へと進めていた足を家へ向けた。その瞬間、人とぶつかった。

 FFTA2のヴァンと戦うことになっていた。皿や食べ物がたくさんあるパーティー会場だった。こちらにはルッソなど数人のキャラがいた。ルッソは皿でヴァンの腕を傷つけた。ヴァンはルッソに背中を向け、後ろから倒れてルッソに攻撃した。他のキャラもルッソの戦法を真似て皿でヴァンを何度も叩いた。そこでバトルが終わり、たくさんの人が会場に入ってきた。

 LISAのメーリングリストのようなものを購読していた。Hawkのアイコンの方が「さみしい 誰か明日犯しにきて」とだけ日本語で書いたメールを送信した。するとW2Dさんという方が「明日ではなく3週間後ならどうでしょう」と日本語で返信していた。

f:id:hazama-830:20120206110915j:plain

 

 

1/3

 映像を見ていると、男性同士、女性同士での結合シーンが使われていた。これを見て男性同士の結合シーンに見覚えがある、これは野獣先輩と遠野だと感じた。そして、野獣先輩と遠野が共演している映像を見つけた。1章、2章、3章の3つがあった。これは真夏の夜の淫夢4章の前日の話だった。1章を見ると、野獣先輩と遠野は強制的にセックスさせられていた。

 (ゲームの世界?)お菓子がたくさんある売り場(?)の中から宙に浮きながらお菓子を1つ選んだ。このときマシュマロを選択したが、マシュマロを選んだのはHPの回復はマシュマロでのみできるからである。選んでいるとき、宙に浮きつつ高度を変えてぐるりと渦巻き状の陳列棚を一周するように動いていたため、少しとるのが難しかった。

 ボスとの対決が始まった。見覚えのある敵だったため、順調に攻略していった。しかし、最後のほうには高速でこちらを追跡する魔法を使ってきた。その追跡する魔法をボスに当たるよう誘導すると、ボスにトドメをさすことができた。この攻略法は事前に知った内容ではなく思い付きだった。

f:id:hazama-830:20160213181110j:plain

 

 

 

1/7

 黒猫が鳴いていた。その鳴き声は悲しんでいるか、怒っているように聞こえた。私の体によじ登ろうとする猫の肉球をつかんだ。

 家族で自転車に乗っていた。私が運転していたが、四人乗りになっていた。そのため、バランスをとるのが難しく、1人で自転車に乗っているならまだ平気な道も狭く感じたが、何とか抜けていった。これからどの道を進むのか家族に聞いたところ、なんの返事もなかった。全員寝ているのかと感じた。そこであえて転ぼうと思い、転んだ。母には怒られたが、「寝ているのが悪い」と返した。それでも怒られたが、怒り返した。父は事情があって一旦自転車から降りていたようだった。

f:id:hazama-830:20160213181305j:plain

 

 

 

1/14

 高校時代の友達とショッピングモールの一角にいた。手をつないで一緒に走ったが、私のみ走るのが遅かった。しかし何とかついて行けた。

 母親の実家で実際に飼っている黒猫(長毛、尾が短い)が登場した。実際にはいないはずのその黒猫の母親、娘がいた。母猫は黒く、長毛で尾が短かった。実家で飼っている猫より大きかった。娘の猫は黒く、短毛で尾は長かった。娘猫を撫でようとすると母猫が滑り込んできた。娘猫を撫でるのを阻止したように見えた。母猫も撫でた。

f:id:hazama-830:20160213181234j:plain

 

 

 

1/15

 家にいると地震が起きた。父と一緒に避難した。家から出ると上半身白、下半身黒のふさふさした猫が出てきたのが見えた。その猫はこの状況は危険だと気が付いているのか坂を駆け上がっていった。こちらも坂の上へ避難した。すると、道に設置された金属製の蓋にゴム製のボールがおいてあった。父はこれを見て「金属の上にゴムは危ない」といった。私はこれを正しいと思い、ほかの避難先を探した。

f:id:hazama-830:20160213182055j:plain

 

今回は以上です!閲覧ありがとうございました!

夢記録には写真素材を使ってみると決めてから、記事は華やかになりましたが投稿が億劫になった気がします。